ドウェイン・ジョンソン出演おすすめ映画

最近では出演作でヒット作を飛ばし、高額ギャラを稼ぎ出す俳優として有名なドウェインジョンソンですが、初期作品から最新映画まで、これだけははずせない彼のおすすめの作品をご紹介しましょう!

スポンサーリンク


ドウェイン・ジョンソンの初期作品でのおすすめ映画は?

ドウェイン・ジョンソンは1972年生まれ、今年43歳になりますが、もともとはプロレスラーで、1990年代から2000年代前半は「ザ・ロック」の名前でプロレスラーとしてリングで大活躍をしていました。

そんなドウェインが映画デビューを果たしたのは「ハムナプトラ2黄金のピラミッド」でした。

default_6f9fe8004c41b644020666f5969e7505

ドウェイン・ジョンソンが演じたのはスコーピオンキングの役でした。この映画が人気がでたことからスピンオフ映画が企画され、それが映画「スコーピオンキング」になり、ドウェイン・ジョンソンはめでたくこの映画で主役をつとめたのです。

king1

このスコーピオンキングですが、「ハムナプトラ2黄金のピラミッド」では敵役の化け物なのですが、映画「スコーピオンキング」では彼が化け物になる前のストーリーで、あくまでもヒーロー物といった感じです。ドウェインジョンソンのアクションシーンとともにエキゾチックな古代エジプトの世界が存分に味わえる作品となっています。

共演している女優さんがケリーフーさんというアジア系の女優さんですが、彼女がまたなまめかしくとても美しいのです。魔法使いと言う不思議な雰囲気をだすのにぴったりな役柄となっています。

fc2992263155b98204d389c38d0827a4

初々しいドウェイン・ジョンソンとアクションシーンを見たい方はぜひともこのおすすめの映画「スコーピオンキング」をご覧くださいね。

ドウェイン・ジョンソンの代表作「ワイルドスピード」シリーズ

つぎのおすすめはドウェイン・ジョンソンはワイルドスピードシリーズに「ワイルドスピード MEGAMAX」

fastFive

「ワイルドスピード EURO MISSION」「ワイルドスピード SKY MISSION」と3本も出演をしています。

ドウェイン・ジョンソンが最初に出演した「ワイルドスピード MEGAMAX」では国際指名手配犯を追うアメリカ外交保安部のホブス捜査官の役です。主役ではないのですが、彼の存在感はばっちりでおすすめです。強靭な肉体だけではなく、頭脳もすぐれた捜査官で、犯人をおいますが、ブラジルの警察の汚職腐敗に怒りをあらわにし、汚職警察を正すために犯人のドミニクに協力を決意します。

fast_five

正義感あふれる捜査官という役柄がドウェイン・ジョンソンにはぴったりです。

そしてみどころは映画後半のカーチェイスです。私はあまり車に詳しくはないですが、

かなりの沢山の種類の車が出てきます。車やレースが好きな人にはたまらなく、おすすめではないでしょうか。

ブラジルの街中を金庫を引きずりながら車が走り回るシーンはぜひとも見ていただきたいですね。映画が終わるころにはストレスがスッキリしているかもしれません。

「オーバードライブ」

こちらのおすすめはクライムアクション映画で原題の「snitch」は密告者と言う意味です。

snitch_movie

こちらの映画でのドウェイン・ジョンソンの役柄は運送会社の経営者なのですが、別れた妻が引き取った息子が麻薬の売人に仕立てられ、逮捕されてしまいます。それをドウェインが扮するジョンが司法取引により息子を助けるというストーリーです。こちらは実話に基づいて作られた話であるようです。

派手なアクションシーンはないものの、麻薬取引のシーンなどはみていてハラハラドキドキさせられ、みていておすすめできます。そして父と子の愛情について描かれた話ですから、ドウェイン扮する父親の息子や家族に対する愛情がこれほどまでに強いがために次第に犯罪に巻き込まれていくという葛藤する心の動きにも注目です。

題名からはどんなカーチェイスがあるのだろうかと予想しますが、それほどのカーチェイスはなく、心理的においおつめられるサスペンスですが、内容がとても興味深く、観ていて泣けてくる映画です。

強い男のロック様を期待しているとある意味裏切られますが、人間味あふれる役柄で親しみやすいですね。現実的には無敵な主人公なんていないのですから。とても素晴らしい感動できる映画なのでぜひとも沢山の人に観てほしいおすすめの映画ですね。

スポンサーリンク


「ヘラクレス」

「ヘラクレス」は2014年公開のアクションアドベンチャー映画です。この映画のおすすめはなんといってもドウェイン・ジョンソンが役柄のギリシャの半神であるヘラクレスを演じるにあたって、半年間もかけて肉体トレーニングを行った肉体美です。

3868924

「ヘラクレストレーニング」といったトレーニングプログラムや「ヘラクレスダイエット」なる食事法も生まれたくらいです。

この映画ではドウェイン・ジョンソンが演じるギリシャの神である全能神のゼウスと人間の間にうまれたヘラクレスが沢山の色々な戦いをしながら徐々に成長していきます。このドウェイン・ジョンソンが演じるヘラクレスは神々が恐れるほどの力の持ち主で、なおかつやさしさを併せ持つ、いわゆる気は優しくて力持ちです。自分の子供が死んだことにより罪の意識にとらわれて、自らに試練を課して悪と戦うことになります。魔物などを次々と倒してゆくドウェインの姿はとても美しいです。

それと同時にこの魔物とのアクションシーンも見ものです。次々と相手を倒していく様子もロック様が演じるとうそっぽくなくさすがといった感じがしておすすめします。みていて爽快です。

「カリフォルニアダウン」

こちらのドウェイン・ジョンソンのおすすめ映画は日本では一時期公開が延期されました。その理由ですが、この映画「カリフォルニアダウン」は地震を題材にした映画であるため、日本人にとっては非常にデリケートな題材を扱った映画と言えるでしょう。

CMC3s-ZVAAEketW

映画のシーンには津波のシーンもみられ、この映画をみることには賛否両論あると思われますが、あえて災害予防の意味を含めて観れたらいいのではないかと思います。

ドウェイン・ジョンソンが演じる主人公は家族を愛する父親を前面に押し出しています。

いかにもありがちなアメリカの家族愛ですが、包容力あるドウェインジョンソンの演技をぜひともみていただきたいです。

こちらの記事もどうぞ!

ドウェインジョンソンの筋肉トレーニングプログラム

スポンサーリンク



こちらの記事も多く読まれています!

コメントを残す

サブコンテンツ

Facebookページ

このページの先頭へ