ティム・バートン映画のジョニーデップ

ジョニーデップの映画の代表作といえばティム・バートン監督と組んだ映画が多いですよね。

シザーハンズ以降の彼らの映画作品を振り返ってみましょう!

スポンサーリンク


ティム・バートン監督とジョニーデップの最初の作品

ティム・バートン監督とジョニーデップは1990年に映画「シザーハンズ」で監督と主演俳優としてコンビを組みました。それ以来アニメなどもあわせていままでに7つの作品でティム・バートン監督とジョニーの二人は一緒に作品を作り上げています。

9176200

「シザー・ハンズ」

ティム・バートン監督とジョニーが最初に作り上げた映画作品の「シザー・ハンズ」(原題:Edward Scissorhands)ではジョニーは発明家によって作られた人造人間の役を演じます。不運なことに発明家がなくなってしまい、エドワードの手ははさみのままです。一人残されたエドワードの悲しい現実が描かれています。

この映画に出演するまではジョニーははっきりいってそんなに有名ではありませんでした。ティム・バートン監督も最初はジョニーデップの演技はあまり上手くなかったと語っています。でもこのティム・バートン監督の映画をきっかけにジョニーは有名になり、ふたりはよきパートナーになっていきます。ティム・バートン監督の作る独特の雰囲気にジョニーの個性がとてもマッチして不思議な雰囲気をかもしだしていますよね。ちなみにこの映画「シザーハンズ」ではジョニーは婚約までしたウィノナ・ライダーと共演していますが、2人が別れたのはご存知の通り。

「エド・ウッド」

ティム・バートン監督とジョニーの2番目の作品は1994年の映画「エド・ウッド」エドウッドとは至上最低の映画監督といわれた人物で、ジョニーは主演エド・ウッドを演じています。

こちらは白黒映画となっています。アカデミー賞助演男優賞とメークアップ賞を受賞しています。

「スリーピー・ホロー」

そしてティム・バートン監督とジョニーの3番目の二人の作品ですが1999年に映画「スリーピー・ホロー」でまたまたタッグをくんでいます。こちらでジョニーはハドソン川沿いの郊外の村で発生した連続首なし殺人事件を解決するイカボッド・クレーン捜査官を演じています。こちらはサスペンスホラーですね。

首なし騎士の存在を否定して捜査をする捜査官ですが、実際に首なしに遭遇してしまうのです。共演はクリスティーナ・リッチー。この作品は映像がとても美しく、アカデミー賞美術賞を受賞していますね。ティム・バートン監督の作品はよくうアカデミー賞にノミネートもされるし、受賞もよくしているみたいですね。

スポンサーリンク


チャーリーとチョコレート工場

そして2004年にはあの有名なチャーリーとチョコレート工場でまたまたジョニーはティム・バートン監督と組んでいます。この作品はもともとロアルダールの児童文学「チョコレート工場の秘密」が原作です。ジョニーはもちろん主演なのですが、チョコレート工場のウォンカ氏を演じます。

このミスター・ウォンカは帽子に燕尾服を着た子供じみた性格で時代遅れのフレーズを連発する変人なのですが、ジョニーの演技がとても上手いです。本当に変な人を演じきっています。(それにしてもいつも変な役が多いですね。笑)この時の役作りとしてジョニーは知人のある人物を想像しながらウィリー・ウォンカを演じたのだとか。そうしたらものすごく上手くいったんだそうです。いったいそれが誰なのかはわかりませんが、このようなひとが実際にいるということなのでしょうね。ジョニーは目の付け所がよいですね。

この映画でも奇妙な雰囲気?これがいかにもティム・バートン監督の映画という風な不思議な雰囲気が出ています。

『ティム・バートンのコープスブライド』(Tim Burton’s Corpse Bride)

そして次のティム・バートン監督とジョニーの映画は2005年に公開された『ティム・バートンのコープスブライド』で、ロシアの民話を元にして作ったアニメーション映画です。ジョニーデップは主人公のヴィクター・ヴァン・ドート声を担当しています。

そしてその相手役のコープスブライドのエミリー役にはおなじみティム・バートン監督のパートナーのへレナボナムカーターが声を担当しています。この人も必ずといっていいほどティム・バートン監督とジョニーの映画にでてきますよね。コンビというよりもはやトリオといった感がぬぐえません。この作品はなんと「チャーリーとチョコレート工場」と同時に製作が進行していたようで、キャストとスタッフが重複しているようです。なんだか作ってる人たちは混乱しそうですね。

この映画は死者の世界へ主人公が連れ去られてしまうお話ですが、不思議な雰囲気がいかにもティム・バートン監督の作品を感じさせます。

『スウィーニー・トッドフリート街の悪魔の理髪師』

その次のティム・バートン監督とジョニーの映画もホラーで、有名な『スウィーニー・トッドフリート街の悪魔の理髪師』です。この作品はもともとはミュージカルでした。

殺人シーンが多くR指定となっています。結構血が吹きこぼれるシーンがあるのでお子様には要注意です。この作品でジョニーは冷酷な殺人鬼を演じますが、またメイクがすごいです。主人公スウィニー・トッドの相手役のミセス・ラベットはまたまたティムバートン監督のパートナーであるヘレナ・ボナム・カーターが演じています。

「アリス・イン・ワンダーランド」

そしてティム・バートン監督との大ヒットしたディズニー映画の2010年の「アリス・イン・ワンダーランド」、この映画はルイス・キャロル作の「不思議の国のアリス」を映画化したものです。こちらは今回は3D映画になっています。原作とは違って、不思議の国への冒険からさらに13年後が舞台となっています。19歳になったアリスが再び不思議の国へ行くお話しになっています。主人公のアリス役はミア・ワシコウシカ。ジョニーはこの映画ではマッドハッター(おかしな帽子屋)を演じています。

この作品でのジョニーのメイクアップですが、かなり奇抜で印象的です。もうほとんどジョニーの素顔がわかりませんね。この映画ではジョニーはダンスも披露しています。なかなか上手です。そしておなじみへレナ・ボナム・カーターは赤の女王の役で出演しています。

この映画は続編が作られており、2016年に公開予定ですが、残念ながらティム・バートン監督は監督からはおりていいますが、引き続き、ジョニー、ミア・ワシコウシカ、アン・ハザウェイ、へレナ・ボナム・カーター、は出演をすることになっています。監督が代わると映画って雰囲気がかわるのでどうなるのでしょうか。できればティム・バートン監督で続投してほしかったですね。

「ダーク・シャドウ」

そして一番最近にティム・バートン監督とジョニーがタッグを組んだ映画作品なのですが、吸血鬼を描いた映画作品「ダーク・シャドウ」です。ジョニーは主人公のバーナバス・コリンズ、呪われて20世紀に目覚めた18世紀の吸血鬼を演じています。

この話はもともとはソープオペラで1966-1971にテレビで放送されたものなのです。ティム・バートン監督のパートナーのヘレナ・ボナムカーターもこの映画に出演していて、アルコール中毒で年老いていくことに恐怖心を抱いている精神科医ジュリア・ホフマン博士を演じています。こちらもジョニーはメイクが白塗りで、かなり濃いものになっていますね。

ティムバートン監督の映画ではジョニーデップはいつも白塗り!?

こうしてみてみるとジョニーデップがティム・バートン監督の作品に出演するときは必ずといっていいほど白塗りメイクをしていると思いませんか?ティム・バートン監督の作品といえば、独特の雰囲気や特徴がありますが、それに見合った主人公の役柄もかなり個性的でみんな少し病的な雰囲気があります。そうするとやはり、色黒で健康的な見た目より暗くってすこし不健康な白塗りのメイクがぴったりなのでしょうね。

ティム・バートン監督との作品は「シザーハンズ」のエドワードに始まり、「チャーリーとチョコレート工場」のミスター・ウォンカ、「スウィーニー・トッドフリート街の悪魔の理髪師」のスウィーニー・トッド、「アリス・イン・ワンダーランド」のマッドハッター、この人たちは皆白塗りメイクを施されていますね。

でもこの白塗りメイクこそティム・バートン監督の映画でのジョニーという感じがしてとても印象に残るものになっていると思いませんか?最近は少しこのティム・バートン監督のパターンに飽きた感がぬぐえませんが、その作品も期待を裏切りませんし、ティム・バートンアンド・ジョニーの最高にタッグ作品映画となっています!

 

こちらの記事もどうぞ!

ジョニーデップ出演映画おすすめtop3

スポンサーリンク


 

こちらの記事も多く読まれています!

    None Found

コメントを残す

サブコンテンツ

Facebookページ

このページの先頭へ