ジョニーデップの身長は低いのか?体重は?

ジョニーデップの身長と体重が気になったので調べてみました。ジョニーの身長って高いのでしょうか?それとも低いのでしょうか?体重もどのくらいなんでしょうか。検証していきたいと思います!

スポンサーリンク


ジョニーデップの身長と体重

ジョニーデップの身長は5フィート10インチ、おおよそ175cmとか178cmあたり位の身長のようですね。

こういうのは大体低い方の身長があたってるようですから、175cmくらいなんでしょうか。

ハリウッドスターのなかでは意外と高い身長ではなく、少し低いめの身長でしょうか。

低いというのは、「パイレーツ・オブ・カリビアン」を見て「あれっ?ジョニー少し身長が低いのかな?」と思い、彼の身長を調べてみたのですが、

175cm-178cmなので特に身長が低いという訳ではないですよね。

出典 http://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/005/440/80/1/01pirates3-01.jpg

共演のジェフリー・ラッシュ(バルボッサ)の身長が183cm、オーランド・ブルーム(ウィル)が180cm、キーラ・ナイトレイ(エリザベス)も身長が170cmあるため に、ジョニーは少し身長が低いめで、小さめに見えてしまうのかもしれませんね。

アメリカ人男性の平均身長は175cmらしいですから、平均身長かそれよりちょい高いですね。

決して身長が低いわけではありません。

で身長がも180cmより低いハリウッドスターは大体1-2インチくらいサバをよんであるみたいですね。

低い身長を高く見せるために、日本にもある身長が低い人がよくはくシークレットブーツをハリウッドスターも履くのだとか。

やっぱり身長は低いより高い方が見栄えがしますし、格好よく見えますからね。

アメリカ人の中では少し身長が低いように見えるジョニーがシークレットブーツを履いているかどうかはわかりませんが、

新しい恋人のアンバーハードは、173cmあり、女性の中では身長が低くなく、どちらかというと高いですから、

身長が低いわけではないですが、ジョニーも身長をさらに高く見せるためにシークレットブーツはいてるかもしれないですよね。

そしてジョニーの体重ですが、約70kgだそうです。

身長のわりに体重が軽くすごくスリムですね。

色々なファッションやスタイルを着こなせるちょうどよい体重、体格なのではないでしょうか。

ちょうどバランスのよい身長と体重です。

ジョニーは役柄によって体重の調節をしていて、よく体重が変わるんだとか。 ものすごくプロ意識を感じますね。

役者だから体重の管理はあたりまえなのかもしれないですけれど。

映画一本何十億円も稼ぐジョニーですから、体重を減らしたり増やしたりくらい容易いのかもしれませんね。

いくらジョニーデップでも身長は高くしたり低くしたりはできませんが、体重を増やしたり減らしたりくらいは一流のトレーナーとシェフを雇えば楽にできるかもしれないですよね?

スポンサーリンク


ジョニーデップは食事で体重を管理していた!

専属のトレーナーとシェフを雇うなんて売れっ子のジョニーには楽勝ですよね。

シェフを雇っているかは定かではありませんが、ジョニーの食生活は体重の管理のために、かなり節制しているみたいですよ。

体重を管理するにはジョニーも努力してるんですね。

そんなジョニーの専属のトレーナーですが、名前はダン。アイザックソンさんといいます。

ほかにも有名人をクライアントにもっていて、アンザウェイ,トムハンクス、メグライアンらも彼を専属トレーナとしてやとっているようです。

ハリウッドセレブばっかり、すごく高級なトレーナーなんでしょうねー。

ジョニーが行っているダイエットは今流行の a low GI、いわゆる低インスリンダイエットのようです。

インシュリンを低くしておく食べ物を積極的にとるんですかね。

なんでも

ダークシャドウの撮影の際に、ジョニーは約20 パウンド、約10キロ体重を減らす必要があって、うまくいったようです。

ジョニーは体重を減らすために何を食べたのかというと、なんと緑茶をたくさん飲み、

ラクトース(糖の一種で甘みが佐藤より強いもの)の少ないフルーツをたくさんとって体重をへらしたようです。

ジョニーの食事は基本減塩で、油分は控えめなのだとか。鳥肉、やツナ、卵などのたんぱく質を好んで食べるのだそうです。

これらの食べ物はカロリーが低いんじゃないでしょうか。

これは理にかなっていて、炭水化物をなるべくとらないみたいですね。

これは私も何度か試しましたが、体重が落ちますね。

ジョニーは豆乳を飲み、フルーツもかかさないんだとか。

好きなフルーツはイチゴ、ブルーベリーなどのべりー系とパイナップル、キウイなどの南国系のフルーツだそうですよ。

カロリーが低い食べ物ですよね。

いつも冷蔵庫に用意しているんだとか。もちろんジョニーが自分で用意などしないでしょうが。

ジョニーの好きな食べ物は本当はメキシカンフードですから、かなり気を使って体重を増やさないようにしているのですね。

メキシカン料理は脂分が多く、気にせず食べていると、すぐに体重が増えてしまいますからね。

ところで、ジョニーデップの嫌いな食べ物といえば、イギリス料理のようですね。

イギリス料理ってなんだろうという印象がありますが、ジョニーデップが以前「パイレーツオブカリビアン オン ストレンジャータイズ」をイギリスで撮影していた際に、「イギリスの料理がひどすぎる。」といったとか。

私が想像するイギリス料理ってフィッシュアンドチップスとローストビーフぐらいしか思いつきません。

たしかにお世辞にもおいしいとはいえないですが、そこまでひどいかというと、アメリカ料理も似たようなものに感じますが。。。

個人的にはアメリカの料理がおいしくないのは、イギリス料理がアメリカ料理のもとになっているからじゃないかとおもっているのですが。。。

イギリスでの撮影現場に用意されていた食事はというと、

マッシュポテト、ソーセージ、パスタ、チキンカレーなどなどだったようです。

味はわかりませんが、体重が増えそうですね。

ジョニーデップは撮影中に「生き延びるため、もっとまともな食事がしたい。」と言ったとか。

日本人的にはチキンカレーはおいしそうですが、アメリカ人はカレーってたべないですからね。

カレーをしらないアメリカ人って結構いるので、びっくりしてしまいます。

アメリカにはインド系の移民も結構いるのに不思議です。

ちなみにイギリスにはインド系の移民がたくさんいてカレーも普通にたべられているのかもしれないですね。

とかいいつつ私もイギリスに行ったときには中華料理たべていました。

日本人にとってはアジア料理が無難に食べることができますね。

毎日フィッシュアンドチップスでは気持ちが悪くなります。

体重もあっというまにふえてしまいますよね。。。

ジョニーデップは映画の撮影中はイギリスの料理がいやだったために和食レストランからテイクアウトをしていたようです。

日本人としてはジョニーが和食を好んで食べてくれているのはうれしい限りです。体重も増えにくいですしね。

やはり、食事に気を使っているジョニーデップ、和食はとってもヘルシーなので体重維持によいのでしょうね。

ジョニーデップのエクササイズ法

そんな、和食やフルーツなどのヘルシーな食事をこころがけているジョニーデップですが、

食事の後には体重管理のために数時間のエクササイズをしているようです。

ジョニーのエクササイズは結構普通で、家にはトレッドミル(室内で歩く器械)をおいていて、それを使って何時間かセッションしているようです。

毎日2マイル(3キロ)歩いてるみたいですね。ちょっと少なく感じますが、アメリカは車社会で本当に歩きませんからね。

体重をへらすために、みな車でスポーツジムに行って運動しに行ってますよ。なんか変ですが。

ジョニーはプラス、ボール体操?なるものもしているようです。

「パイレーツオブカリビアン」の撮影時はかなり体型を絞る必要があったようで、剣術の練習をものすごくたくさんしたようですよ。

体型もかなりシェイプされてそうですよね。体重も減ったでしょう。

家にはプールもあるでしょうから、よく泳いでいるのでしょう。実にうらやましいです。

実は50歳と実年齢よりかなり見た目が若くみえるジョニーですが、体重一つ管理するにもハリウッドスターは大変ですよ。

いつも見られていて見た目が商品?のハリウッドスターですから、しょうがないといえばしょうがないような気がします。

ジョニーデップはハリウッドスターにつきものの整形手術もはぼしていなくて、シワ取りのボトックスはしているみたいですが、 ほぼ顔は天然なのですよ。

ジョニーはもともと美形で格好いいんですね!これこそ天然のイケメンですね。

うーん、やっぱり惚れ惚れします。ただやっぱりフェイスラインを維持するために顔のエクササイズをしているそうです。

それによって顔の筋肉を維持しているのだそうです。ジョニーは顔のラインがくっきり出て、若返るエクササイズを一日に10-20回もしているそうですよ。

そりゃそうですよね。私もやってみたくなっちゃいました。

個人的にはジョニーがどんな姿でエクササイズをしているか気になります。笑

ファンとしてはいつまでもジョニーデップにはその見ためと体型、体重を維持して格好よくいてほしいものです。

ジョニーのタトゥーについてはこちら!

スポンサーリンク



こちらの記事も多く読まれています!

コメントを残す

サブコンテンツ

Facebookページ

このページの先頭へ