ジョニーデップの背中のタトゥーが気になる!

ジョニーは体中にタトゥーを入れているといってもよいくらい、たくさんのタトゥーをしています。それらのタトゥーは小さいものが多いですよね。普段は見ることができませんが、ジョニーは背中にもタトゥーを入れているんですよ。背中だと大きそうですよね。どんなデザインのタトゥーを背中にしているのでしょうか?

スポンサーリンク


背中のタトゥーはおそろい?

どうやらジョニーの背中のタトゥーなのですが、ジョニーとは親友といってもよいくらい仲のいいオルタナティブ・ロックンローラーであるマリリン・マンソンとどうやら刺青がおそろいのようです。

ジョニーの背中のタトゥーは2012年にトロント出身のダリル・スターダン氏によって作成されたということです。

これはマリリンマンソン氏と全く同じものであるようです。 マンソン氏いわく刺青を入れる時は本当に痛く、でも入れている最中は楽しくもあったようです。

その刺青はとても大きな木と骸骨の模様で、そ中を全部おおっているようです。その刺青のもとになったものはフランスのシャルル・ボードレールの「悪の華」(原題 Les de Fleurs  du mal)という本の表紙なのだそうです。

ジョニーとマンソンは本当に仲良しで、親友なんだそうですよ。

理由はわからないらしいですが。うまがあうのでしょうか。

よくふたりはよく一緒にバンドで演奏をしているようですし、ジョニーはマリリンマンソンのアルバム「ボーン・ヴィラン」に参加もしていますしとても仲がよいのでしょう。

ジョニーの代表作のひとつである「チャーリーとチョコレート工場」のミスターウォンカはマリリンマンソンのアクションにヒントをえて演じたらしいですから、

私の推測ですが、マリリンマンソン氏はミスターウォンカのような変人っぽいひとなのかもしれませんね。笑

マンソン氏が言うには「そのおそろいのタトゥーは2012のローンレンジャーの撮りなおしのときにやっと完成したんだ。

その時にジョニーは背中をみせているだろう?そのもとになった本の表紙をみてみるとよいよ。」ということです。

確かに背中のタトゥーは服を着ていては見えませんから、今のところローンレンジャーの撮影時の画像でのトントの後姿しか背中の刺青はみることができませんね。

この二人は、この背中のタトゥー以外にもおそろいの刺青をしています。

そのほかのおそろいのタトゥー

それがこちら。

images (2)

右の手首に
「NO REASON」の文字がありますね。
こちらもマリリン・マンソンとお揃いのようです。
以前も言ったかもしれませんが、ジョニーはどうやらタトゥーを仲のよい人とおそろいで入れることがおおいようですね。

ほかにも、ビル・カーターやダミアン・エコールズともおそろいのタトゥーをいくつか入れています。そのほかにも、刺青を施術してくれたジョナサン・ショーとも同じタトゥーをいれているらしいのです。刺青師がしているタトゥーがかっこよくてジョニーは同じものを入れてもらったのでしょうか?

それにしても刺青っておそろいで入れるものなのですね。

なんだかちょっと笑ってしまいました。

大スターのジョニーが仲良しさんと一緒におそろいのものを持つっていうイメージがなかったので,意外でしたね。

とってもこだわりがありそうなので(これは私の独断ですが、)ジョニーは人と同じものは嫌がりそうなイメージがあったのですよ。

ジョニーが普通の人っぽいのでさらに親しみがわいちゃいましたね。

スポンサーリンク


ジョンーの数々のタトゥー

こちらの刺青たちは以前紹介し切れなかったものです。

theban

右胸に
ルーン文字サークルが描かれていますね。

円の外部のまわりにテバン文字で兄弟という文字が書かれていて、真ん中にはルーン文字でダミアンのイニシャルが入っています。こちらはダミアンエコールとまたまたおそろいですよ。
ダミアンのタトゥにはジョニーの名前がかかれています。

腕のタトゥー

こちら右腕の刺青

お祖父さんのジムの肖像の刺青でジョニーの腕にかかれています。

肖像がを刺青にいれるのって、難しそうですよね。

絵がうまい刺青師さんでないといけません。

左腕はジョニーのおばあさんの肖像画です。

ケンタッキーでウエイトレスをしていたころの肖像画のタトゥーなんですって。

ジョニーは本当に家族や愛する人をタトゥーに入れてるんですよね。

彼の家族に対する愛を感じますね。

足のタトゥー

ジョニーの左の足に「Gonzo Fist」とかかれたタトゥーが見られますね。

そしてこちらは

ジョニーの右足首の外側にスカル「骸骨」のマークのタトゥーが書かれています。

死が必ず訪れるとも書かれています。なんだかちょっとこのタトゥー怖いかな。

そしてジョニーの右足脛には
「コマンチ族のシールド」がありますね。

6439

青は無邪気さと心の純粋さを意味し、
赤 – 血、火、怒り、勇気と強さ。生命の色を表すようです。
そして黒い4本の羽毛を護るという意味があるようですね。
ジョニーは背中には大きなタトゥーをしていますが、そのほかのものは結構小さい細かいタトゥーが多いようですね。何せジョニーの体中に30個はタトゥーがあるようですから、小さくないとすぐに体全体がタトゥーだらけになってしまいます。

ジョニーのタトゥーにはその時の出来事の一つ一つに意味が込められていますから、数もおおくなってしまいますよね。

これからもどんどんジョニーのタトゥーは増えていきそうですね。

一体どこにどんなタトゥーが増えていくのか気になって仕方ありません。

このほかのタトゥーの記事はこちらをどうぞ!
→ジョニーデップのタトゥーの意味って?息子ジャックへの愛?

スポンサーリンク



こちらの記事も多く読まれています!

    None Found

コメントを残す

サブコンテンツ

Facebookページ

このページの先頭へ