ジョニーデップ、結婚、離婚、破局を繰り返す…その原因と妻について

恋多き男のジョニーデップ、あんなに素敵でかっこいいから世の中の女性がほっておくはずがないのですが、最初に結婚、離婚をして以来、何度も婚約、婚約破棄などの破局を繰り返しています。いくらなんでも子供ができて落ち着いたのかと思った矢先に50手前で離婚(正式には破局)していまいました。ここまで破局を繰り返すとは妻だけではなく、ジョニーデップ自身になにか原因がありそうですよね。彼の恋愛遍歴から離婚理由を検証してみました!

スポンサーリンク


初めての結婚と離婚。妻は誰?

ジョニーデップがはじめて結婚したのはまだ彼が20歳の時。

結婚相手で彼の妻になったのはメイクアップアーティストのロリ・アン・アリソンという5つ年上の女性でした。

高校を中退した後にジョニーが組んでいたバンドのメンバーの姉であるロリ・アン・アリソンにひとめぼれをしたジョニーが交際を申し込み、二人は結婚しますが、この若い夫妻はわずか2年で離婚してしまいます。その離婚の理由はなんと経済的なことが理由だったそうです。

売れないバンドマンをしていたジョニーは妻のロリ・アン・アリソンとの生活のためにアルバイトをしながらバンド活動をしていたようです。バンドだけでは妻との結婚生活はやっていけず、食べていけなかったのですね。

生活苦で妻との結婚生活が破綻し、離婚するなんて今のジョニーからは考えられませんが、この離婚した元妻の元彼であったニコラス・ケイジのすすめでジョニーは俳優をすることになったというのですから、この結婚、離婚をした元妻であるロリ・アン・アリソンあってこその俳優ジョニーデップなのかもしれませんね。

それにしてもジョニーデップの初めての結婚は20歳とかなり早いですね。

アメリカ人は日本人より平均的に早く結婚するようですが、それでも男性で20歳で結婚ってはやくないですか。

離婚も22歳とかなり早いです。

あとにも先にもジョニーが2015年になるまでは正式に結婚と離婚をしたのはこの時だったのです。

2015年に入って再び正式にまたアンバーハードと結婚しましたが。

はやくに両親が離婚したジョニーは自分は結婚して妻や子供などの暖かい家庭がほしかったのかもしれません。

繰り返す婚約破棄

最初の妻であるロリ・アン・アリソンとの結婚で離婚してしまったジョニーデップはそれ以来数々の女性と婚約をしては破棄をするということを何回も繰り返します。

この離婚後につきあった年上の女優のジェニファー・グレイとは婚約したものの結婚にはいあたらず、わずか8ヶ月で婚約破棄をしていますし、

ツイン・ピークスなどに出演していたシェリリン・フェンとも交際していましたが、遠距離恋愛でこれまた結婚にはいたらず破局しています。

7231da1c6194a6f5f9d33a7891b5961d

結婚離婚した元妻のロリ・アン・アリソンとジェニファーグレイの二人の女性は年上の色っぽいタイプですね。

そして有名どころではシザー・ハンズで共演したウィノナ・ライダーとも婚約、婚約破棄をしています。

このウィノナとの婚約時、ウィノナはなんとまだ17歳でした。

いままでの年上の女性とのつきあいに辟易したのでしょうか?それにしても若すぎです。

アメリカはたしか日本よりも早くに結婚できますよね。10代の小娘と婚約っておままごとみたいです。

つきあって5ヶ月で婚約した二人ですが、ジョニーはなんとウィノナに毎朝朝食を用意していたのだとか。

そしてジョニーは腕にかの有名なタトゥー「whinona forever」と刺青をいれたのです。そこまでいれこんでいたウィノナですが、

そんな彼女ともウィノナの浮気疑惑でまたまた破局、あっという間に別れたそうです。

まあ、どうやらウィノナが映画「ドラキュラ」で共演した俳優ゲイリ・ーオールドマンと浮気をしていたという疑惑があったようなのですが、それはどうやらがせねただったようです。

450full-dracula-screenshot

でも二人の関係はこのウィノナの浮気疑惑でぎくしゃくしてしまったようで婚約は破棄されてしまいました。ジョニーって気が短いのですね。

ジョニーデップは婚約魔とまでいわれてしまいます。結婚離婚を繰り返すよりは少しはましでしょうか。。。

ジョニー自身は自分は浮気をよくする人だと思うのですが、やはり女性が浮気するのはゆるせないようですね。。

なんだか腑に落ちません。

その後は有名なスーパーモデルのケイト・モスとNYにあるカフェで出会い、ジョニーの一目ぼれから付き合い始めます。

ケイトモスはイギリス人ですが生い立ちがジョニーに似ていたようで、彼女の両親も13歳のときに離婚をしています。

今回はつきあってなかなか婚約しなかったようで、ケイトモスがかなり心配したようなのですが、交際から2年後にようやく二人は婚約しました。

ジョニーは前回の婚約でこりたのかもしれません。

このジョニーとの交際でケイトはますます有名になり、婚約までしたのですが、このビッグカップルはいつも喧嘩ばかりしていたようです。

一説にはこの二人が結婚せずにわかれたのはマスコミの加熱報道が原因だともいわれています。ふたりともビッグなカップルですからあることないこといろいろと書かれたようですね。

一度破局してまた復縁、結局は結婚にいたらず破談になってしまいます。

この破局でケイト・モスはショックからアルコール依存症、中毒になってしまい、ついに入院してしまいます。

そこからは彼女は人生下り坂でドラッグに手を出し、コカインを注射する姿がスクープされて仕事をどんどん失い、一時期仕事をほされていましたね。

それほどジョニーのことがすきだったのでしょう。リハビリ施設に入り、何とか立ち直ります。

48892_JohnnyKate

ジョニーとわかれてからも沢山の男性と交際をしました。

ビリー・ゼイン、マリオ・ソレンティなどと交際をし、その後イギリスの雑誌「デイズド & コンフューズド」の

編集長であるジェファーソン・ハックと交際し2002年に彼との間に娘のライラをもうけますが、2004年には破局してしまいます。

その後、ピートドハーティと交際を何度も繰り返しますが、ケイトはドラッグ中毒になってしいまいますね。

彼のせいだといわれています。相手のピートは逮捕されてしまいました。ケイトの逮捕も秒読みだといわれていました。ケイトは逮捕されなくて本当にラッキーでしたね。

二人の共作のCDまで出す予定だったようですが、破局をむかえたので急遽発売が中止されたようです。CDの会社もとんだとばっちりです。

ケイトがドラッグ騒動で仕事をなくした際には、ケイトは同じスーパーモデルであるナオミキ・ャンベルらに支えられたようです。バーバリーやロンシャンのCMでみごとに復活しました。もつべきものは友人です。

その後イギリスの化粧品会社のイメージキャラクターにもなりました。こういうときにはやはり普段の人間関係がものをいうのでしょうね。

そのごオジーオズボーンの息子であるジャックとの交際を経て、

ケイトは2011年には以前から交際中だったロッカーのジェイミー・ヒンスとイギリスのコッツウォルズの聖ピーター教会で結婚式をあげ、正式に妻になりました。

彼女はジョニーと別れてから色々と大変だったようですが、ようやく結婚もし幸せになれてよかったですね。

ジョニーは自分から一目ぼれして好きになっては女性を捨てるくせがあるようです。本当にモテる男は罪ですね。

どうやらジョニーはすぐに一目ぼれして上手く行ったら燃え上がって一気に婚約までしてしまうようですね。

でも実際に結婚までした女性は最初に結婚した年上の女性の元妻ロリ・アン・アリソン、と2015年に再婚した現在の妻のアンバーハードの二人だけです。

このケイトモスと別れた原因はどうやらヴァネッサ・パラディとの出会いがあったからみたいなのですよね。

 

こちらもジョニーがまたまたヴァネッサをみて一目ぼれし!つきあいだしたのだとか。

ヴァネッサ、確かに若い時はかなり可愛いですね!

ヴァネッサパラディスはフランスの歌手で女優です。シャネルの広告モデルもつとめています。

彼女はフランスおよびヨーロッパで人気のある歌手で彼女の曲はフランスで11週連続ナンバー1になり、イギリスのチャートでもトップ10にはいっていました。

まさにトップの人気歌手ですね。また女優としても何本も映画に出演しています。デビュー作「白い婚礼」ではセザール賞新人女優賞、ロミーシュナイダー賞を受賞しました。

ジョニーは初めてフランスのパリでヴァネッサパラディに出会った時、ジョニーは彼女の背中から首筋のの美しさににひとめぼれしてしまたのだとか。

なんと後姿にひとめぼれしたそうです。

それにしてもまたもやひとめぼれなのですね。

新しい女性が現れるとそちらにまっしぐらのジョニーですね。元彼女は捨てられてしまい、みなかわいそうです。

ただこのヴァネッサ・パラディとはほかの女性とは違って2人の間に子供を2人もうけ、14年間も事実婚状態を続けました。

ジョニーの彼女なかでは最長で続いていたのではないでしょうか。彼女は実質のジョニーデップの妻のようなものでこれは 結婚していたようなものですね。

1116193_150

ふたりはフランス風で籍は最後まで入れていなかったようです。法的には結婚していいなかったということになりますね。

ということはヴァネッサ・パラディはジョニーの正式な妻ではなかったということになりますね。

ヴァネッサ自身はあまり結婚して籍をいれることにこだわりがなかったのかもしれませんね。

フランスではそういう正式に結婚せずに事実婚のカップルは普通にうじゃうじゃいるみたいです。

結婚しなかったのはジョニーにとっては好都合?

それでも子はかすがいなのか、ほかの人と比べてかなり長い期間約14年間交際、結婚というか事実婚状態は続いていましたね。

娘のリリー・ローズちゃんとジャック君はかなりかわいくって、子供達にメロメロだったジョニーですから、

これだけ長い期間?(ジョニーにしては)結婚生活?が続いたのもも子供達のおかげかもしれません。妻?との関係も一番長く続いたのではないでしょうか。

ジョニーはリリー・ローズちゃんがうまれて

「自分のいままでの人生はなんだったんだ。僕の人生は彼女が生まれて始まったんだ。」

とすごい溺愛ぶり。色々な役柄のキャラクターの声などを娘の反応をみて決めていたというのですから、溺愛ぶりがうかがえます。

実質のジョニーの結婚相手、妻はヴァネッサパラディで、離婚をしたようなものですよね。

ちなみにヴァネッサはジョニーから離婚の?慰謝料約120億円をもらったんだとか。。。争いもあまりなく離婚できたはずです。

そしてジョニーとこのヴァネッサが離婚?するにいたった原因ですが、

ジョニーがステュワーデスと浮気をしたとか、「ダークシャドウ」で共演したエヴァ・グリーンと浮気をしたとかいろいろいわれていますが、

おそらく主なヴァネッサとの離婚、別離の原因は今のジョニーの妻であるアンバー・ハードとの出会いでしょう。

23歳も年下のぴちぴちギャル妻のアンバー。日本ではもう年といわれるかもしれませんが、まだまだ20代です。

映画「ラム・ダイアリー」で共演しジョニーは彼女に夢中だったようですからね。残念ながらやはり男性は若い女性がよいのでしょうね。

この出会いがジョニーとヴァネッサとの離婚を引き起こしたのではないでしょうか?40歳超えのヴァネッサもさすがにかすんで見えます。

まあ早い話がヴァネッサに飽きちゃって新しく若い彼女のアンバーに引かれたのかなと思いますがどうでしょうか。

ジョニーはちゃんと性格,相性?もみきわめて女性とつきあうわけではないようですからなかなか続かないのでしょう。

それでも次々ときれいな女性たちと浮名を流すジョニーデップ。流石モテモテですよね。笑

スポンサーリンク


今度こそ結婚生活は続くのか?

2014年にはいってからジョニーデップはアンバー・ハードと婚約するにいたりました。

そしてとうとう2015年には正式に二人は結婚しアンバーハードは晴れてジョニーデップの妻となったのです。

以前は子供達と結婚前のアンバーハードを連れ立って日本へも来ていました。

どうやらジョニーは若いアンバーにめろめろですから、いままでいたらなかった結婚に今回はいたったようです。

アンバーとジョニーは結婚の前に一度破局していて、その破局の間にアンバーは女性の恋人がいました。つまりジョニーがめずらしく振られてしまったということになりますね。

それをあえて自分に‘引き戻したジョニーですから、アンバーにふりむいてほしくて必死だったのがわかりますね。

プレゼント攻撃もすごくて普通ではかんがえられないカリブの島にアンバーの名前をつけるというプレゼントをしています。彼女のために豪邸も購入しています。

photo_2

結婚式もこのジョニー所有の島で行いましたね。

なにせアンバーとジョニーは年齢が23歳も差がありますから、ジョニーも若いアンバーを妻にして引き止めておくのに必死なのでしょうね。

ただ妻のアンバーはかなり奔放な女性ですから、結婚してもいつ逃げられるかわからない危うさがありますね。

実際に結婚、入籍してからもすぐに離婚報道がでています。よく夫婦喧嘩しているようですし、落ち着かないカップルのようですね。

妻のアンバーから離婚の予定を友達に話していたという噂もありますが、真相はどうなのでしょうか。

ちなみに妻のアンバーは女性の恋人がいたくらいですからバイセクシャルなのですが、結婚苗はジョニーはアンバーの浮気は条件付で認めていたのだとか。。。

ウィノナ・ライダーとの婚約のときとはえらい違いです。 最終的に自分のところへ帰ってきてくれるのならアンバーと女性との浮気にも目をつぶるんだとか。妻になってもなかなか思い通りにはいきそうにないですね。

なんだか妻になってもアンバーに対しては弱気のジョニーですよねえ。それだけ妻のアンバーに夢中なのでしょう。

ジョニーのようなタイプの男性は手にはいらないと思うと必死で女性をひきとめるのに必死になって追っかけるのが好きなのかもしれません。

そういう意味では、はらはらどきどきさせられる妻のアンバーはジョニーにとってかなり魅力的なのでしょう。彼女と結婚をしてつなぎとめておきたいのかもしれませんね。

ジョニーの離婚、破局は心理的トラウマが原因?

ジョニーデップは1963年6月9日にアメリカのケンタッキー州オーエンズボロというところで生まれました。

アメリカの典型的な田舎町ですね。

ジョニーデップは小さいころからあまり落ち着いた環境で育ったわけではないようです。

ジョニー自身自分が生まれた時の家族は事情で転居を繰り返していました。

父は土木作業員、母はウェイトレスをしていたようです。 彼は4人兄弟の末っ子で、家庭は落ち着かずいつもごたごたしていたようで、

7歳のころに、フロリダ州に引越しをし、

ジョニーが思春期の時に両親は結婚生活に終わりを告げ、離婚をしてしまいました。

 

両親の離婚は思春期のジョニーにはかなりつらかったはずです。

両親の離婚がストレスになってジョニーはなんと12歳でアルコールを飲み始めたのだそうです!

しまいには14歳でドラッグに手を染め始めたようです。そしてついには自傷行為をくりかえしていたのだとか。。。

本当にびっくりです。離婚が子供に与える影響ははかりしれませんね。。。

ただ親友の死をきっかけに、ドラックからはきっぱり足を洗い、16歳で高校をやめてミュージシャンをめざしバンド活動を始めました。

ジョニーデップが立ち直ってくれて本当によかったです。

ジョニーは本当にご両親の離婚が辛かったのでしょうね。かわいそうすぎます。

自分は暖かい家庭を作る決意をしたようです。

その苦しみは図りしれませんが、幼いころにうけたトラウマは年をとってもなくならないようで、

心理学的には親の愛にうえた子供は異性に親からもらえなかった愛を無意識のうちに求めてしまうのだそうです。

ジョニーの場合は数々の女性達に母の愛を求めたのかもしれません。

20歳と早くに結婚をしたのも自分は早くに暖かい家庭がほしかったのかもしれませんね。

小さいころに満足に愛をもらえなかった彼は色々な女性を渡り歩いては満足せずに結婚や婚約をしても離婚や婚約破局を繰り返すのかもしれませんね。

ジョニーデップも来年は52歳です。だんだんと年をとりますね。、ここで結婚生活をおちついて妻であるアンバーと穏やかな老後?を過ごしてほしいですが、そうもいかないのでしょうね。

ジョニーが老後でも妻のアンバーはまだまだ若いですからね。

アンバーハードが離婚へ向け着々と準備中?

ジョニーとアンバーハードが今年正式に結婚してからはや数ヶ月たちました。

この結婚してからのたった何ヶ月間かの間も二人の間には常に離婚の噂がとびかっています。

結婚するまえから、上手く行かないのでは?といわれていた二人ですから、結婚したら常にその心配はついてまわるでしょうね。

なんとか結婚式もジョニーの所有する島で行ったふたりですが、結婚後はジョニーと妻のアンバーとも映画撮影で離れ離れに。

どうやらそれがアンバーに離婚を思い立たせたようです。新婚のジョニーと妻のアンバーハードですが、新妻のアンバーはジョニーにどんなに忙しくても毎日連絡をとるように要求していたようなのです。

妻になったアンバーはロンドンで撮影、ジョニーは「パイレーツオブカリビアン」の第5弾の撮影でオーストラリア入りしていましたから、二人の間には新婚にもかかわらず距離がありました。おまけに海外にいるために連絡をとるにも時差があります。

メールで連絡してもよいでしょうが、新婚の妻のアンバーはジョニーに電話をしてほしかったのではないでしょうか。海外にいるといつ電話していいかよくわからないのですよね。

それに自分が疲れて寝ている時間が相手にとっては起きている時間だったりしてなかなかうまく海外からは連絡はとれません。

ただでさえ撮影の仕事でいそがしいジョニーですから電話はしにくかったのではないでしょうか。

それくらいでおこってしまい離婚をいいだすアンバーハードは若すぎるというか、わがまますぎる妻だと思うのですが。。。そんな情熱的な新妻のアンバーがまたジョニーにとってはかわいいのでしょうか。

アンバーはこのことを友人に相談したり、実際に弁護士にも相談したりしたようです。その際の彼女の要求ですが、なんと慰謝料150億円!だったのだとか?

ジョニーはヴァネッサパラディと別れる際に彼の総資産300億円の半額の150億円を離婚の?慰謝料として払ったといわれています。

既に半分の資産を失ったジョニー、妻のアンバーと離婚となると残りの150億円を再び払うことになるんでしょうか。

それにしても数ヶ月の結婚期間で離婚にいたったとして150億円要求するってちょっと欲張りすぎないでしょうか。

これではアンバーのジョニーとの結婚自体が慰謝料目当て、あるいは売名行為が感じられますよね。そんな女性を妻に選んだジョニーにも責任があるからしょうがないとは思いますが、アメリカの映画の関係者によれば

「スターたちは資産を沢山持っているし、離婚しても莫大な慰謝料を払わないようにするため、結婚前に契約書を交わすことが多い。しかし、アンバーハードとの結婚前に、ジョニーは『そんな契約は、僕らにはいらない。なぜなら僕らは、絶対に離婚しないんだ』と言い放ち、契約書を作成しませんでした」

ということで契約書を作らなかったジョニーですが、、結婚からわずか数カ月で、2人には離婚協議が噂されています……。先ほどの映画関係者によると

「アンバーハードは、ジョニーが約束を破ったことに精神的なダメージを受けていて、仕事にも支障をきたすようになったといいます。離婚交渉ではアンバー側が有利になるでしょう。アンバーハードは結婚の前に契約書を交わしていないので、慰謝料についてを弁護士と相談しているようです。請求する慰謝料は現在のジョニーの総資産の300億円の半額の150億円だそうです。」

バネッサと離婚?別れて150億円を払った、ジョニーデップすでにまた150億円資産が増えたのも驚きですが、離婚のたびにこんな莫大な慰謝料を払っていたらたまりませんよね。

この噂のあとは具体的な離婚の話は大々的には聞きませんが、いつ何時また離婚話が浮上してくるかは誰にもわかりません。

ジョニーデップ、完全に若い妻のアンバーハードに振り回されていませんか?

これからのジョニーと妻のアンバーの同行には目を離せそうにないですね。

 

常に女性がいないと心配なジョニーデップは永遠に真実の愛を探し続けるのかもしれません。

まだまだ彼の恋愛話?からは目が離せませんね。これからも私達ファンをびっくりさせてくれ続けそうです。

こちらの記事もどうぞ →ジョニーデップの歴代彼女達

スポンサーリンク



こちらの記事も多く読まれています!

One Response to “ジョニーデップ、結婚、離婚、破局を繰り返す…その原因と妻について”

コメントを残す

サブコンテンツ

Facebookページ

このページの先頭へ