ジョニーデップの愛用ハットは穴あき?ブランドは?

ジョニーデップはよく帽子(ハット)を被っていますね。最近では穴が開いたハットをよくかぶっていますが、どこのブランドのハットなのでしょうか?ぜひとも手に入れたいですよね。同じものはどこで買えるのでしょうか?

スポンサーリンク


ジョニーお気に入りの穴があいたフエルトハットのブランドは?

ジョニーデップの愛用のハット、最近では私生活でもよくハットをかぶっているようですが、どこのブランドのものなのでしょうか?

最近ではジョニーはフエルトの帽子にボーダーシャツ、そして穴のあいたジーンズなんてファッションをよくしていますね。

おまけに最近ではその帽子に穴まであいています。

お金持ちのジョニーですから、あくまでもこの穴はファッションですが、ジーンズはよく穴があいたものが流行っていますが、(私も持っています。父に穴があいてるよ!って注意されちゃいましたが)、帽子に穴はあまりみかけたことがありません。

どこか特別なブランドのハットなのでしょうか。気になりますね。

お気に入りでかぶっているうちに穴があいてしまったのでしょうか?

ジョニーの愛用ハットのブランドは?

ジョニーデップが愛用している帽子のブランドは

ブランドは『ステットソン』や、『ボルサリーノ』のハットを愛用しているようです。

映画「パブリックエネミー」では、『Dobbs』のハットかぶっていました。

いずれの帽子も、ビンテージ物です。
『ステットソン』のブランドの帽子なんての50年物とかです。

09122001_50506b7e53252

どうりで帽子の上に穴があくはずです。

そしてさらにグラディスというブランドの帽子も愛用しているようです。

とてもワイルドなテイストで格好良いですよね。

このグラディスの帽子は、デザインに上品さがあるのですね。

かなり個性的な感じがしますが、クラシカルな雰囲気も併せ持っているブランドでものすごく素敵に服と負わせれそうです。(もちろん人を)選びそうですが。。。

ジョニーデップだからこそ似合うんでしょうね。

ジョニーがかぶっているようなハットはどこで買えるの?

ジョニー・デップがよく被っているようなボルサリーノ風の大きめでツバの長い帽子が売っているお店は一体どこにあるんでしょうか?

CA4LA、アメリカのノックスや日本の文二郎帽子店でしょうか。

お値段のほうも結構高くてジョニーデップが愛用しているブランドのハットは1950年代~1960年代のヴィンテージのロイヤルステットソンのハットです。値段も3-23万円くらいと幅があり、5-6万くらいのものが多いようです。

それより安い帽子はセレクトショップなどで似たようなハットを探すしかないと思います。

ジョニーデップ愛用のイタリアのブランドのボルサリーノのハットは何故、他の帽子ブランドと比べてなぜ価格が高いのか?

ボルサリーノというブランドのハットは高級で手が届きにくい値段ですね、どうしてでしょうか?

ボルサリーノというブランドの日本のオンラインショップを見てみるとファーフェルトハットは4万円から23万円までとなっていて、大体の帽子はは5~6万円台にあるようです。文次郎さんのハットが2~3万円くらいですね。

では、ボルサリーノのブランドの帽子はどこの国でもこのような値段なのでしょうか?

Borsalino本社はオンラインショップを行っておりませんし、アメリカでここのブランドのハットは$185~$275、イギリスで£142と、日本円では2万円くらいで売られているようです。

ファーフェルトハットは、フェルトの素材によって価格はピンキリなようです。

手にとってみてみると、このブランド、ボルサリーノの帽子は、他のメーカーと比べて軽く、やわらかくで手触りがよく、フェルトの生地の質感がかなりよいのです。

ファーフェルトの原料はウサギの毛ですが、やはりよいものを使っていいるかんじがします。そのほかにも帽体から一貫生産を行っているようで、
普通は染色などは外国などで安くそめるようなのですが、このブランド、ボルサリーノは帽体から完成品まで最初から最後まで一貫して自社で行っているようです。

帽体作りも機械で行わない職人の手仕事で、イタリアは人件費が高く、その分割高になりますね。

その代わり、帽体から自社で高品質な帽子をつくることができるともいえますね。

流石、ハットにこだわるジョニーが気に入るブランドはこだわりがあるのですね。

穴があくまで同じ帽子をかぶるジョニー、好きな物はいちまでも大切にするのでしょう。
スポンサーリンク


ジョニーはキース・リチャーズのファッションをまねしていた?

ジョニーデップの隣はかの有名なローリングストーンズのキース・リチャーズです。

年齢のわりにすごくかっこよいですネ?

自然に着こなしてますし帽子がこなれてます。

ちなみにキースの帽子は穴はあいてないようです。笑

どこのブランドの帽子か、気になりますね。

往年の大スターであるキース・リチャーズ、ジョニーはこの人のファッションを参考にしているのかもしれないですね。

ジョニーのハットはだんだんとボロボロに、ついに大きい穴があいてきた?

ジョニー・デップが来日した時なのですが ジョニー・デップってハットが大好きでいつもハットかぶってますよね。
来日した時、空港でファンの前に現れたジョニーのかぶっていたハット、 ちょっと穴があいてぼろぼろでしたよね?

ある番組ではであのハットはああいう穴があいたデザインなんだって言う風に言ってたんですが、違うでしょうね。
ジョニーが2006年に『パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト』の PRで来日した時にもかぶってるハットで、このときはまだどこにも穴があいていません。穴があいていく部分がちょこっと毛羽だってるかも?

2010年のアリス イン ワンダーランドの来日のときには だんだんと帽子に穴が開きはじめていました。

そして「ローン・レンジャー」のPRで来日したジョニー・デップのハットはもうぼろぼろでした。もちろん穴は大きく。。。

こんな風に彼が使ってきて大きくなったハットの穴なのですね。
かなりこの穴あき帽子はお気に入りみたいで、いろんなジョニー・デップのニュースでお目にかかります。
ハットに穴はあいてはいるものの、形もそれほど崩れてないようですね。これは良い素材のものでなければこうはなりません。これもたぶん、ブランドはステットソンのものなんでしょうか。

ジョニーはステットソンのハットを何個かもっていると聞いています。

穴があいて破れているのもデザインとおもわせられ、よほどこの穴あきハットがすきなのでしょうね。


ハットで喧嘩して別居に?

ジョニーデップが大のハット好きなのは有名ですね。集めたハットは1000個くらいあるのだとか?

元パートナーのヴァネッサパラディはジョニーの収集癖にしびれを切らし、コレクションを整理するよう言ったようですね。

アメリカの「National Enquire」誌によると、彼らが所有するパリのアパートの2部屋はジョニーのハットで埋めつくされていて、ヴァネッサのクローゼットのスペースがほとんないいようでした、でもジョニーはそれでもなおも帽子を買い続けていた模様です。

ヴァネッサのは、ジョニーがホームレスから買った帽子を被って帰宅したときに怒りの頂点に達し、「あなたがハットを捨てるかか、あなたが出かけてる間に私が全部ごみ箱に捨てるか、どちらかよ」と宣言したという。この帽子は穴があいていたのでしょうか。。

ハット云々よりジョニー本人が出て行っちゃいましたね。

ヴァネッサはジョニーにハットのコレクションの整理の猶予期間をいいわたしていたそうですがね。

「ジョニーはハットをとっても大切にしているから、捨てられない。何軒か所有している家のどれかに置き場所を移すことになるだろう。」といわれていましたが。。。ジョニーも一緒に出て行っちゃいいました。

ハットも不仲の原因だったのかもしれませんが、別れてしまったジョニーとヴァネッサ。

ヴァネッサはもうハットで悩まされることはなさそうですね。

こちらの記事もどうぞ!
→ジョニーデップは日本嫌いなの?

スポンサーリンク



こちらの記事も多く読まれています!

コメントを残す

サブコンテンツ

Facebookページ

このページの先頭へ