ジョニーデップ2014年の新作「トランセンデンス」での来日は?

ジョニーデップの新作の映画「トランセンデンス」が最近日本で公開されましたが、 今回はジョニーデップの来日はありませんでしたね。2014年はもうジョニーの来日はないのでしょうか?ほかの映画でのプロモーションで来日はないのでしょうか?

スポンサーリンク


「トランセンデンス」の日本での興行成績は?

「トランセンデンス」がついに2014年6月に日本でも公開されたのですが、
日本での興行成績はまずまずなのでしょうか?

2014年6月30日に発表された28、29日の映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)によると、 ジョニー・デップが主演する最新作「トランセンデンス」が3位に初登場。

出典 http://www.cinemacafe.net/

「トランセンデンス」は全国535スクリーンで公開されて、土日2日間で約8万5800人を動員。

「トランセンデンス」の興行収入は約1億1800万円となった ようです。

アメリカでは「トランセンデンス」は最初の週は4位にとどまりましたが、

日本では「トランセンデンス」は第3位だったようです。

1位は「アナと雪の女王」で不動の人気ですね。

うちの娘もやたら歌を歌っていますし、子供に人気が出ると本当に強いですね。

さすがのジョニーの「トランセンデンス」でもディズニーには勝てなかったようです。

もともとのアメリカでの「トランセンデンス」の興行成績の悪さからか、

あえて今回は「トランセンデンス」では来日しなかったのか、

それとも前回の来日のときにアンバーハードと大喧嘩したらしいですから、

そのために今年2014年は「トランセンデンス」での来日はやめておいたのか、

はたまたジョニーは実は日本が嫌いだとか、色々噂もありますが、

ファンとしては寂しいですが、とりあえずは今年2014年は「トランセンデンス」でのジョニーデップの来日はなさそうですよね。

もともとジョニーデップは来日が少ないハリウッド俳優です。

ファンとしては年に一度くらいは日本に来日してほしいところですが、

今年2014は「パイレーツオブカリビアン」の撮影も控えていますし、いまのところジョニーの来日はなさそうです。とほほ。

スポンサーリンク


去年の来日でアンバーハードと大喧嘩したジョニーデップ

ご存知の方もたくさんいると思いますが、ジョニーデップは去年2013年の7月に映画「ローンレンジャー」のジャパンプレミアのために来日を果たしています。

出典 http://s.cinematoday.jp/

この来日はジョニーにとっては1年2ヶ月ぶりで、通算10度目の来日になりました。

ジョニーはハマー、ヴァービンスキー監督、ブラッカイマーらとともに、来日したのですが、

ジョニーは日本の熱狂的なファンをさけるために、

ロサンゼルスからプライベート・ジェットで来日し、成田空港に降り立ったようですね。

プライベートジェットで来日ってすごすぎますね。

さすがジョニーデップです。

来日の際は 空港の到着ロビーには、前日から泊まり込んでまっていたというファンを含めて、

なんと約1200人がジョニーデップをお迎えしました。

今回の来日の際のファッションもいかにもジョニーといういでたちで、帽子にサングラスが素敵ですね。

ジョニーはファンサービスに熱心で、この来日を待ちわびたファンの顔を一人一人見ながら、

約100メートルほどの列の前を、ニコニコしながら手を振ってくれたようです。

握手をしたり、小さな女の子の相手をしたりとファンサービスにあふれたジョニーは、

「来日すると皆さんの出迎えにいつもびっくりして、あたたたかい気持ちになり、うれしいです。日本は本当に素晴らしいですね」といっていたようです。

うーん、今年2014年もぜひとも来日してほしかったですけど、今からでも来日してくれないかな?

空港に集まったファンの中には、前日から泊まりがけで成田にやってきたという女性とちもいたようです。朝4時から待っていた?!という親子連れなどもいたりして、びっくりさせますよね。

また、映画でジョニーが演じたトントのように、カラスを頭に乗せた女性グループや、

ジョニーの写真をプリントしたオリジナルTシャツを着たひと、トント風の衣装とメイクに身を包んだそっくりさんの男性の姿もいたようです。

ジョニーの頬にキスをした小さい女の子は、「ジョニーが来てくれた!」とうれしそうにはしゃいでいました。

さてこの2013年のジョニーデップの来日には14歳の娘リリー=ローズちゃんと11歳の息子ジャックくん、そしてアンバーハードを同伴して来日していたのですが、

この来日がアンバーに大きな不満をもたらし、日本を離れてた後も二人は一時期は大喧嘩だったようです。

ジョニーは去年2013年の来日で映画のプロモーションをかなりがんばったようです、

なにせ家庭を捨ててまでアンバーの元に走ったのですから、子供たちには負い目があるでしょうし、

来日時には色々と子供たちに予定を組んだりして、そちらに力をいれすぎたのかもしれません。

しかし、アンバーにとってラブラブの時期に子連れはいやだったのでしょう。

やはりここは家族旅行と二人の旅行をわけるべきだったのでしょうね。

もともとが不倫略奪愛なのですから、そう簡単にはいかないでしょう。

ジョニーにしてみればアンバーのために家庭を捨てて、大好きなお酒もやめたのですから、
これ以上のことを要求されてもこまるのでしょうが。

かなりアンバーのいいなりになっています。小娘に遊ばれるジョニー。。。

ジョニーはただでさえアンバーを一流の業界関係者に次々と紹介しているようですし、
アンバーの女優としてのキャリアアップはまちがいないですね。

それなのに、アンバーは最近インタビュー前に、「ジョニーに関する質問は受け付けません」といってますし、若気の至りか、わがままいっぱいのアンバーです。

バネッサはアンバーはお金目当てといっているように、ジョニーを踏み台にしているのかも!?

日本はアメリカに次ぐ大きな映画のマーケットでありますし、
本来なら今年もちょうどアメリカの夏休みに入っていることもあり、

ジョニーは子供達をつれて「トランセンデンス」 in 2014のプロモーションに来日してもおかしくないのですが、
「トランセンデンス」のために来日して大切なアンバーとまたまた喧嘩じゃ困りますものね。

ジョニーはきっとアンバーに今年こそは二度と昨年のような思いはしたくないといわれたはずです。

ファンとしては「トランセンデンス」で来日してほしかったですけれどね。

ジョニーデップ、2014年の年末に「パイレーツオブカリビアン5」の撮影開始決定!

どうやら『パイレーツ・オブ・カリビアン5』の撮影が今年2014年の年末に開始されるようですね。

先日、ノルウェー映画『コンティキ』の監督コンビ、ヨアヒム・ローニングとエスペン・サンドベリがシリーズ第5弾の監督に決定したのですが、

プロデューサーのジェリー・ブラッカイマーが、米映画情報サイト『Collider.com』に「パイレーツオブカリビアン5」の製作開始時期を2014年末と伝えています。

「監督は『コンティキ』という映画を作った若い2人に決定しました。

2人は先週ハリウッドに来たばかりで、ちょうど製作を始めようとしているところです。

映画は2014年の年末か年明けには撮影に入る予定です」。と言っています。

そんな「パイレーツオブカリビアン5」では、すでに脚本家として起用されたジェフ・ナサンソンがジョニー・デップ演じるキャプテン・ジャック・スパロウのさらなる冒険をすでに書いているようですね。

また、2011年に公開の第4弾『パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉』でアンジェリカ・ティーチを演じたペネロペ・クルスもシリーズ最新作でも出演する予定です。

確かペネロペはジョニーと噂になっていましたよね。

出典 http://gossip.hw-p.com/

またまたジョニーの浮気癖がでないとよいのですが。。。

ということで、今年2014年のジョニーの来日はなさそうですが、今年2014年は「トランセンデンス」を楽しんで、

次なる作品に期待をして、次回のジョニーデップの来日を待ちたいです。

こちらの記事もどうぞ!
→ジョニーデップの出演映画おすすめランキングtop3
スポンサーリンク



こちらの記事も多く読まれています!

コメントを残す

サブコンテンツ

Facebookページ

このページの先頭へ