次回ジョニーデップが出演のディズニー映画は?

次々と出演作が決まっているジョニーデップですが、これから公開される映画は、
ディズニーの「Into the woods」(原題)がありますね。この「Into the woods」はアメリカでは今年2014年のクリスマスに公開予定のミュージカル映画で、日本では来年の春に公開される予定ですね。詳しい情報を調べてみました!

スポンサーリンク


新しいディズニー映画でのジョニーデップの役柄は?

ディズニー映画の「Into the woods」(原題)ですが、もともとは1987年に初演されたスティーブン・ソンドハイム作のブロードウェイ・ミュージカルなのです。

今年2014にディズニーが映画化をして本国アメリカでは年末のクリスマスである12月25日に公開される予定です。

日本では来年2015年の3月14日のホワイトデーに公開画予定されています。日本では春休み公開なのですね。

予告編が発表されています。こちらをごらんくださいね。

 

このアメリカではクリスマス公開予定の映画「Into the woods」ですが、大ヒットが確実といわれています。なぜならもともとが大ヒットしたミュージカルである上に、

キャストが超豪華なのです!

 

ジョニーはなんと赤ずきんちゃんの狼役!

そのほかのキャストはアナ・ケンドリックがシンデレラ、クリス・パインがシンデレラの王子役、
エミリー・ブラントがパンやの奥さん、メリル・ストリープが魔女の役、マッケンジー・マウジーがラプンツェル役、などなど豪華な顔ぶれがそろっています。

メインキャストを少し紹介しますね。

パン屋の奥さんを演じるエミリー・ブラントはイギリス人で、「プラダを着た悪魔」に出演し、メリル・ストリープと共演しました。それがハリウッドデビューらしいのでこれからも活躍が期待できますね。

そしてシンデレラ役はアナ・ヘンドリックです。彼女は史上3番目の若さでトニー賞にノミネートされた実力派女優なのです。

そしてシンデレラの王子役はクリス・パイン。彼はアメリカのドラマ「ER緊急救命室」でデビューしました。男らしいタイプで今後も目が離せません。

このディズニー映画「Into the woods」で、ちょっとジョニーが狼役(Big bad wolf)なのが、気になります。

だって、赤ずきんちゃんでは狼って、おばあさんに化けて、赤ずきんちゃんをたべようとする悪い役ですからねえ。

さてジョニーの狼はどんなふうなのでしょうか。

ディズニー映画「Into the woods」のストーリー

このディズニー「Into the woods」のストーリーですが、パン屋の夫婦が、魔女の呪いのせいで子供ができないでいます。

その呪いをとくために、ミルクみたいに白い牛、赤頭巾、黄色い毛、金色の靴が必要になります。

夫婦はそれらを探すために森の中へと入っていきます。
夫婦は森の中でシンデレラ、赤ずきん、ジャックと豆の木、ラプンツェルなどの童話に出てくる登場人物たちと次々と出会っていくというミュージカル映画です。

監督は「シカゴ」や「ナイン」のロブ・マーシャル監督が担当。本格的なミュージカルです!
ディズニーが得意なおとぎの国ファンタジーとミュージカルの組み合わせが非常に楽しみですね。

ジョニーの狼の写真は非公開?

このディズニー映画「Into the woods」では主要キャスト達の写真、画像は最初はメリル・ストリープの画像が少し公開されていただけだったのですが、
ほかのキャストの画像も少し公開されています。

しかしこのディズニー映画の豪華キャストの顔ぶれの中でも特に気になるジョニーの狼の画像はいっさい公開されていないのです。
いったいどんな狼にジョニーは扮しているのでしょうか。もちろん特殊メイクをほどこすのでしょうが、とっても気になりますね。

こんかいは一見としてジョニーとわかるんでしょうか?被り物を被るジョニーは顔までだれかわからないほどメイクをほどこすことがおおいですよね。

狼の役なのでもしかしたら顔がジョニーとはわかりづらいかもしれませんねえ。

なんといってもこのディズニー映画の主要キャストはメリル・ストリープとジョニーです。

言っては失礼ですが、私はこの二人以外はあまり拝見したことがありません。

狼姿のジョニーってどんなんのでしょうね。やはりまたまたかぶりものでしょうか。。。被り物がお得意なジョニーですよね。

が、このディズニー映画の中では、シンデレラ、赤ずきんちゃん、ラプンツェル、ジャックと豆の木がといったおとぎ話が満載です。

ディズニーはアナと雪の女王、アンジェリーナジョリーの出演する映画「マレフィセント」とおとぎ話でヒットを立て続けに飛ばしていますが、このディズニー映画「Into the woods」も大ヒットとなるのでしょうか?最近ディズニー映画は立て続けにヒット作品に恵まれています。
ジョニーファンとしてはぜひともこの映画も大ヒットになってほしいですねえ。この映画歯ジョニーにとって二作目のミュージカル映画になりますね。

悪役のジョニーのミュージカル、ティムバートン監督との作品である「スウィニー・トッド」以来ですからもう一度彼の歌声が聞きたいですよね。

スウィニートッドでのジョニーの歌はなかなかのものでした。最初から最後まで彼の歌を聞き続けられましたが、今回の「Into the woods」」ではあまり長くジョニーの歌を聴くことはできませんが、色々なスターたちの歌声が聞けてそちらも嬉しいですよね。

日本でもミュージカルが上演されていた「Into the woods」

この「Into the woods」はとてもヒットしたミュージカルで、2004年には日本でも宮元亜門さんの演出と振り付けによってミュージカルが上演されていたようです。

もちろんキャストは全員?日本人の俳優さんたちです。有名人での配役はパンやが小堺一機さん、そのパンやの妻が高畑淳子さん、ジャックの母が藤田弓子さん。シンデレラの王子と狼役は藤本隆宏産という方ですが、拝見したことないですねえ。舞台俳優さんでしょうか。とても華やかな衣装ですよね。

色々お話がたくさんあるので観客も次々飽きないで楽しめそうです。

この日本でのミュージカルは大ヒットして再演もされたようです。

とにもかくにも

日本での来年の春の公開の映画「Into the woods」ですが、公開が待ちきれません!タイトルがそのまま「Into the woods」なのかが気になりますが、

早くジョニーの狼に扮した姿をみたいです。

スポンサーリンク


次々と撮影が控えているジョニーのディズニー映画

ジョニーはこれからさらに、「パイレーツ・オブ・カリビアン」の続編と「アリス・イン・ワンダーランド」の続編が控えています。
両方ともディズニー映画ですよね。

「パイレーツ・オブ・カリビアン」はシリーズ第5作目ですし、「アリス・イン・ワンダーランド」は2作目です。

ディズニーにとってはジョニーはドル箱スターです。ディズニー映画で出す作品出す作品ヒットがしますから、これからのディズニー映画の作品にも期待がもてます。

ディズニー映画「パイレーツ・オブ・カリビアン」5にいたっては本来は公開はなんと今年2015予定だったのですが、2017年夏に訂正されています。
これも本国アメリカでの話しなので、日本公開はもっと遅くなるかも。。。

脚本が遅れたのが原因らしいのですが、ちょっと待ちきれませんね。
「ファンタスティック・フォー」なども同時期に公開されるようなので、ディズニーにとってはかなり力をいれた作品になるのではないでしょうか。

まあでもいままでのディズニー「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズが十分あるので、そちらのDVDで海賊ジャック・スパローを見直すのもよさそうです。

そしてこちらの「パイレーツ・オブ・カリビアン」5のタイトルですが、正式には
「パイレーツ・オブ・カリビアン・デッドマン・テル・ノー・テイルズ」がどうやら正式名称のようです。
日本語の意味は死人にくちなし。

このタイトルからしてどうやらゾンビが出てきそうですね。

以前デッドマンズチェスとでたくさんのゾンビが出てきた時は正直不気味で怖かったですよ。
今回もまた!ああそれもまた楽しみではあります。笑

主要キャストなのですが、絶対必要なキャプテン・ジャック・スパロー役はもちろんジョニーですが、バルボッサ役のジェフリー・ラッシュは出演するようですね。
ジョシュギブス役にケヴィン・マクナリー氏となっています。



それからとっても気になるのが、ウィル・ターナー役のオーランド・ブルームとキーラ・ナイトレイですが、
この二人は前作第4作目「「パイレーツ・オブ・カリビアン生命の泉」」で出演をしておりません。

有名な映画シリーズは途中で監督そして俳優陣が総入れ替えになることがよくありますね。

今回もどうやらギャラの額が俳優さんたちとかみ合わなかったといわれています。

ジョニーのギャラは高騰し続けていますが、ほかの俳優さんたちも高騰し続けて希望通りにならなかったのかもしれません。

まあジョニーのジャックスパロー抜きではこのパイレーツシリーズは成り立ちませんからね。かれには必ず出演してもらわねばなりません。

ということで今回第5作目のディズニー映画「パイレーツ・オブ・カリビアン・デッドマン・テル・ノー・テイルズ」もこの二人オーランド・ブルームとキーラ・ナイトレイの出演の可能性は低いのかな?と推測しています。結局オリジナルのキャストはジャック・スパロー役のジョニーだけになってしまいましたね。

かわりに前回ヒロイン役でペネロペクルスが出演していましたが、今回も流れから行くと彼女は出演するのではないでしょうか?

なにせ彼女はジャックス・パローのかつての恋人役ですからもう一度みたいですよね。

ジョニーはペネロペクルスとはドラッグディーラーの映画「ブロウ」で共演をしています。こちらでは2人は夫婦の役ですね。

ちなみにこの「パイレーツ・オブ・カリビアン」生命の泉には日本人の俳優さん

松崎悠希さんというかたが出演していらっしゃいます。

たしかに東洋系の俳優さんがいますが、日本人だとはまったくわかりませんでした。

アメリカで活躍する日本人の俳優さんなのですかね。

アリス・イン・ワンダーランド2は2016年公開!

ジョニーが出演予定のディズニー映画「アリス・イン・ワンダーランド」2ですが、こちらはさ来年2016年の5月に予定されています。かなり先ですよねー。
ジョニーの役柄はもちろん前作同様マッド・ハッターで、アリス役にはミア・ワシコウシカです。

今回は一体どういう話の展開になるのでしょうか。

小説と同じで次は鏡の中の世界なのでしょうかね?

小説では「不思議の国のアリス」の続編は「鏡の国のアリス」です。

ただ映画の監督がティム・バートンではなくジェームズロビン監督に変わりましたのであの独特の雰囲気はなくなってしまうかもしれないですね。
それはまたそれで、ジョニーとほかの監督のコンビの映画もおもしろいかもしれませんね。

新しい監督は「ザ・マペッツ」のジェーム・ズボビン監督です。脚本は前作に引き続き、リンダ・ウールバートンが担当です。前回と比べてどうなるのかとてもきになりますね。

新しい「アリス・イン・ワンダーランド2」のタイトルはアリス・イン・ワンダーランド スルー・ザ・ルッキング・グラス(Alice In Wonderland: Through the Looking Glass)」に決定!

この映画「アリス・イン・ワンダーランド」2ですが、この夏にすでにイギリス、ロンドンの西部にあるシェパートン・スタジオにてすでに撮影が始まっており、正式なタイトル名は

「アリス・イン・ワンダーランド スルー・ザ・ルッキング・グラス(Alice In Wonderland: Through the Looking Glass)」に決定したそうです。

この題名はどうやら予想どおり「不思議の国のアリス」の続編である「鏡の国のアリス」をもとにしたお話のようです。

「鏡の国のアリス」は1871年に同じ作者であるルイス・キャロルにより発表されたイギリスの作品です。主人公のアリスは鏡をとおってまたまた異世界に入っていしまうというものです。「不思議の国のアリス」から引き続き、ジョニーが演じるマッドハターである帽子屋や、三月うさぎなどが登場します。

この作品の特徴としては、イギリスの童話であるマザー・グースのキャラクターが登場します。ハンプティー・ダンプティーなどの卵廼キャラクターは日本でも有名ですからご存知の方も多いでしょう。前回の「アリスインワンダーランド」は3D映像でしたが、今回の続編の映画の映像がどのようなものになるのか、とても気になりますよね。

ハリウッドでは一時期なんでも3Dでしたが、最近ではそうでもなくなってきていますよね。私個人的には実は3Dは苦手でして、長時間みていると眼が回るような気がするんですよ。なので普通に撮影されたもののほうがすきなんですけれども、これはみなさんお好みによりますよね。

続投の俳優さんたちは?

マッド・ハター役のジョニーデップとアリス役のミア・ワシコウシカ以外にも、白の女王の役にはアン・ハザウェイ、赤の女王役のヘレナ・ボナム=カーターが再び登場予定のようです。監督のティム・バートンは今回は降りてしまいましたが、奥さんのヘレナ・ボナム=カーターはそのまま続投なのですね。

helena-bonham-carter-alice-wonderland

余談ですが、私は彼女がティム・バートンの映画以外に出演しているのってみたことがないです。笑

映画の公開はなんと2016年5月27日予定とまだまだ先ですが、’いまから公開が楽しみでたまりません。

待ちきれそうにないですから、この映画の公開前にほかのジョニーの映画がたくさん公開されるのを願っています。

とにかくこれから続々と公開されるジョニーのディズニー映画、待ち遠しくってたまりません!

こちらの記事もどうぞ
→ジョニーデップの出演映画おすすめランキングtop3

スポンサーリンク



こちらの記事も多く読まれています!

コメントを残す

サブコンテンツ

Facebookページ

このページの先頭へ