キアヌリーブスのサーフィン映画「ハートブルー」

キアヌリーブスが主演したサーフィン映画「ハートブルー」原題“Point break”がリメイクされるようです。2015年の末にも公開されるこのリメイク版、新旧ともに検証してみました。

スポンサーリンク


キアヌリーブスが今は亡きパトリックスウェイジと共演したサーフィン映画

「ハートブルー」は1991年のアメリカ映画で、まだ大スターになる前の若きキアヌリーブスが「ゴースト」に主演したパトリック・スウェイジと共演をしたサーフィンの映画です。

Point-Break-Swayze-Reeves

なんと製作はあの「タイタニック」や「ターミネーター」のジェームズキャメロン氏。

キアヌリーブスはこの映画の中ではハーヴァード大学卒のエリートFBI捜査官で、銀行強盗がサーファーであるという情報をつかみ、そのサーファー達の中に潜入捜査をします。

そのサーファーのリーダーかつ強盗団のリーダーであるボーディー(パトリック・スエウィジ)と仲良くなっていきます。

この映画のなかでキアヌリーブスはもともとフットボールの選手であることから、サーフィンは未経験なのですが、サーフィンも次第に習得していきます。

それにしてもこの時代はまだCGはなかったですから、サーフィンをしているのはスタントマンでしょうか。キアヌが演じるユタもパトリック・スウェイジも、なかなかすごい波にのって上手にサーフィンとしております。

PointBreakShirtless

髪型やファッションなどが時代を感じさせます。男性は髪型がなぜか角ばっていて女性は爆発している髪形が多いですね。笑

話の中には恋愛もあり、サーフィンのシーンやアクションシーンが満載でキアヌリーブスのファンにはたまらないものとなっています。

サーフィン以外にもスカイダイビングのシーンがあったりしてなかなか見ているだけでもひやひやします。

これ本当にキアヌリーブスやパトリック・スウェイジはスカイダイビングしたんでしょうか。やっぱりスタントでしょうか。

それはさておき、やはり昔の映画はなかなかごまかしが効きませんから、キアヌ本人が実際にサーフィンをやっているのか、スタントマンがやっているのか、どちらにしても人が本当にサーフィンやスカイダイビングをしているのですよね。

こちらはなつかしいキアヌリーブスをパトリック・スウェイジのインタビュー映像です。

映画「ハートブルー」出演者

それにしてもなかなか若いころのキアヌのサーフィン姿も素敵です。

17542_001

相手役で共演のパトリック・スウェイジ、残念ながら彼は57歳と若くして病気で亡くなってしまいましたが、彼は1990年の映画「ゴースト・ニューヨークの幻」で一躍有名になりましたよね。

Patrick-Swayze-image-patrick-swayze-36319883-1500-1029

こちらの映画もなつかしいです。

ぜひともカップルでみてほしいです。

パトリック・スウェイジはどうやらすい臓がんで亡くなったようです。

元気でいたらキアヌとの「ハートブルー」続編がみられたかもしれません。

キアヌ演じるジョニー・ユタの相棒の捜査官アンジェロ・パパスにゲイリー・ビジー。

そしてキアヌリーブスが演じるジョニー・ユタと恋人関係になる女性をロリ・ペティー。

mv5bmty2oty3nzk4of5bml5banbnxkftzty

なかなか時代を感じさせる髪型ですね。

ジョニー・ユタは彼女にサーフィンの手ほどきを受けます。

彼女はなんと今では映画の監督として活躍をしています。

2009年に公開された「早熟のアイオワ」で自叙伝を映画化し監督、脚本を担当。今作品は主演のジェニファーローレンスがロサンゼルス映画祭 優秀演技賞受賞を受賞しました。

スポンサーリンク


サーフィン映画「ハートブルー」がリメイクされて復活

このキアヌリーブスとパトリック・スウェイジが共演したサーフィンの「ハートブルー」もなんと20年以上昔の映画なのですね。

時間の早さを感じますが、こちらの映画、原題は“Point break”ポイントブレイクというのですが、リメイクされて2015年の末にもアメリカでは公開が決定しています。

17519696243_a5c4f38c7a_o

主役は残念ながらキアヌリーブスではなく、ルークブレイシー、映画「スパイレジェンド」に出演している俳優さんのようです。

そして今日共演のボディー役には「NY心霊捜査官」のエドガー・ラミレス氏となっています。

リメイク版はすべてが旧作品とはスケールが違って、スポーツもサーフィン、スカイダイビング以外にもスノーボード、ベースジャンピングなどエクストリームスポーツと呼ばれるものが盛りだくさんです。しかも銀行強盗団も地元の銀行強盗ではなく、国際金融を破壊しようと試みたりしていて、すべてにおいてスケールが大きくなっています。

現代ならではのスポーツそしてアクション映画になっているようです。

こちらは予告編です。

しかし日本ではまだ公開されるかどうか決まっていないようで、ちょっと残念ですね。

「ハートブルー」は一度は続編が計画されていた!?

この今回リメイクされた「ハートブルー」ことPoint breakですが、一度はどうやら続編の製作が計画されていたようなのです。

20130531-2

監督は映画「トゥームレイダー2」の監督や「スピード」でキアヌリーブスとタッグを組んだヤン・デ・ボン監督が予定されていました。当初はヤン・デ・ボン監督が引き受けたことからキアヌリーブスが出演するのではないかとささやかれていました。

2008年にはこの映画「ハートブルー」の続編が作られることが伝えられていましたが、途中で製作が中止されてしまったのですね。続編の題名は「ポイントブレイク;インド」と舞台がインドだったのか?と思わせるような題名だったようです。やはり海でサーフィンを題材とした作品のよていだったのでしょう。

ヤン・デ・ボン監督が降板し、その後にジェフ・ワドロウ監督が引き継ぐよていでしたが、まったくといっていいほど製作がすすまなかったようです。撮影地もオーストラリアとインドネシアに決定し地元のオーストラリアのシドニーの新聞にはその記事もでていたようですが、続編の製作は実現しませんでしたね。

どうやらその原因ですが、キャストがジョニーユタを演じる俳優もキアヌリーブスではなかったようですし、共演の俳優がまったく変わってしまっていたようですね。

映画「ハートブルー」でジョニーユタの恋人役でキアヌと共演した女優のロリペティーは

「どうして、わたしやキアヌ、パトリックをぬきで「ポイントブレイク(ハートブルー)」の続編を作れるのかわからない。例えばウォーリーを探せみたいなカメオ出演でもいいからもともとのキャストを出演させるべきだわ。そうすれば、映画のチケットももっと売れるのにね。」と述べています。

くしくもハートブルーの続編は実現しませんでしたが、キャストが全くといいほど変わってしまうよりも以前のそのんままの「ハートブルー」のイメージのままのほうがよいかもしれませんね。

なんといってもパトリック・スウェイジも亡くなってしまいましたし、さらに主人公であるキアヌリーブスがいなければ全くちがった映画になっていたでしょう。キアヌリーブスが続編にでなかった映画「スピード2」の二の舞になっても嫌ですものね。

img_6

キアヌリーブスはあまりヒットした続編の映画というのには興味があまりないのかもしれません。

今までに連続で映画のシリーズに出演したのは「マトリックス」シリーズだけではないでしょうか。

あとはヒット後に続編を作った「スピード2」にも出演していませんし、結果としてこの映画はヒットとはいえませんでした。

img_0

キアヌリーブスが出演しなかったからヒットしなかったからか、脚本の段階でよくなかったからキアヌリーブスが出演を断ったのかはわかりませんが、結果としてはあまりよいものではありませんでした。

キアヌリーブスには新しい映画をどんどん開拓していくほうがよいのかもしれませんね。

こちらの記事もどうぞ!

キアヌリーブス主演映画「コンスタンティン」

スポンサーリンク



こちらの記事も多く読まれています!

コメントを残す

サブコンテンツ

Facebookページ

このページの先頭へ