アンジェリーナジョリーが激やせ!?

アンジェリーナジョリーが最近以前にもまして激やせしたと伝えられています。

一昨年に乳房切除の手術、今年に入ってからは卵巣切除の手術をしたアンジー。まだまだ無理はするべきではありませんが、一体どうしたのでしょうか。理由と原因を検証してみました。

スポンサーリンク


アンジェリーナジョリーの体重が激やせし、ついに37キロに!理由は?

激やせしたと言われているアンジェリーナジョリーは乳房削除の手術、そして今年に入ってからは卵巣と卵管の切除の手術を行っています。この手術を行った理由はアンジーが癌にかかりやすいという遺伝子検査により、癌になるのを予防するために行われたものです。

angelina-jolie-visits-female-factory-workrers-in-myanmar

健康へむけて受けた手術であるはずですが、しかし今年に入ってアンジェリーナジョリーはさらに激やせしたといわれていますね。

上の写真はアンジェリーナジョリーが最近ミャンマーを訪問した際の画像ですが、以前よりさらに痩せていて、がりがりで激やせといえます。

アンジェリーナジョリーは乳房の切除手術のあとにも体重がおちて激やせしていて、もともとは50キロ以上あった体重が激やせで約41キロほどになったといわれていましたが、今年卵巣の手術を受けてからアンジーの体重はなんとさらに激やせで83ポンドで、約37キロになったいうのです。

身体の臓器を切除する手術であるので、身体に負担がないわけがありませんから、なかなか回復が遅いのかと思いきや、どうやら激やせの原因屋理由はそれだけではないようです。

手術をした後もアンジェリーナジョリーは国連の特使として活動を続けていて、難民キャンプなどを訪れることも多いのですが、難民にくらべて自分がいかに恵まれているかを感じているようです。こういっては何ですが、どちらが難民の人なのかわからないくらい痩せてしまっています。

angelina-jolie-o-1024

彼らのことを考えて沢山食べることもできないようです。その理由に加えてこの国連の親善大使の仕事を休むことなく精力的に続けているようで、このことも理由となり、彼女の激やせの原因となっているのでしょう。

今年に卵巣の切除手術をうけたばかりのアンジーですから、今年いっぱいは身体に負担をかけないほうがよいと思うのですが、難民キャンプへ直接訪問するなど積極的に外に出向いて活動を続けているのです。これは身体に負担をかける理由になっていると思うのですが、激やせにつながっているでしょう。しかし彼女は正義感が強いのでしょうね。折角手術をして病気を防いだにもかかわらず、活動に力をいれすぎたことが理由で、激やせをして、さらに痩せてしまっています。あまり無理をしては元も子もありません。

家族であるブラッドピットや子供達、それから専門家からもこれ以上激やせすると命にかかわるのではないかと心配されています。

せっかく癌と言う病気を防ぐためという理由で手術を受けたのですから激やせしないように身体を大事にしてほしいですよね。

無理をしすぎていては、周りの人間ははらはらどきどきして心配でしょう。

スポンサーリンク


アンジェリーナジョリーの痩せ方に専門家も警告!

アンジェリーナジョリーは今回だけでなく今までも何度となく激やせしていくことが話題となっていますが、今回だけは専門家もこの激やせに警告を発しているようです。

アンジェリーナジョリーが激やせした理由はひとつだけではなくさまざまな原因がありそうです。

jolielegsDM3009_468x964

アンジーは母親を癌で早くに亡くしたことへのショックはもちろん、子供が養子を含め6人いますから子育てと仕事の両立という非常に難しい問題を抱えていますよね。それらの出来事ももちろん激やせの原因、理由でしょうが、最近では映画だけでなく、国連の特使の仕事にかなり力をいれていて、ストレスもたまっているはずです。それも激やせの理由のひとつでしょう。

もともとアンジーの両親の不仲があり、芸能一家に育ったアンジーはかなり若いころから精神的に不安定であったのも原因や理由ではないでしょうか。

スターの体重についての専門家はアンジェリーナジョリーの痩せかたの理由について

「ストレスにより代謝がよくなりすぎていて、身体に取り入れたカロリーよりもたくさんのエネルギーを消費している可能性があります。しかし彼女は多分、あまり食べていないのではないでしょうか。ハリウッドでは痩せなければならないというプレッシャーがあると思われますね。さらに、たくさん食べて太ると彼女が国連特使として救済している飢餓に苦しむ人々にとって、無意識に申し訳ないと思っているのかもしれません」

と伝えています。

アメリカのタブロイド紙であるNational Enquirerはアンジェリーナジョリーが激やせで死亡間近だと伝えていて紙面では

アンジェリーナジョリーが食事をとることを拒否していて、体重が37キロにまでなっている。夫のブラッドピット及び子供達はアンジーがそのうち死んでしまうのではないかと心配している。

と伝えているようです。

2AF66B6000000578-3179947-image-a-16_1438262993224

確かにアンジェリーナジョリーがミャンマーで撮られた写真を見てみると、激やせしていて、腕は血管や骨が浮き出てみえていてかなり細く痛々しい気もします。頬も以前に比べてコケているように見えます。しかしGossip Cop はこのNational Enquirerの報道をでたらめであると発表していますし、さらに

National Enquirer は医者のコメントをのせているが、その医者はアンジーを診たことがない上に、同紙の情報が信頼できないもので、アンジェリーナジョリーの関係者に確認をしたところこのような事実は全く見当たらなかった

と報告しています。

色々な意見はありますが、アンジェリーナジョリーは身長が5フィート8インチ(約173センチ)なのですから、体重が37キロではあまりにも激やせしていて少なすぎます。肥満の国アメリカでこの体重でいること自体がすでに病的です。激やせを克服して少しでも体重を増やしてほしいですが、どうしようもないのでしょうか。

Angelina_Jolie_and_Miyavi

映画「アンブロークン」で共演した日本人俳優MIYABIによると映画の撮影中にアンジェリーナジョリーはかなりの覚悟を持って仕事をしていて、次のようにコメントをしています。

「アンジー監督がどんなに痩せ細ったかに、僕はもうビックリしました。監督はあまり食べ物を口にしませんでした。」
「申し訳ない気持ちになってしまいました。撮影中に太ったのは、僕だけだったんですから。」

などとアンジェリーナジョリーの撮影中の様子を伝えています。どうやらアンジーは仕事に夢中になると食べるのでさえ忘れてしまうのか、あまり食事をとらないようですね。どうりで激やせしてしまうはずです。

激やせアンジェリーナジョリーの食生活は?

激やせをしたというアンジェリーナジョリーですが、まったく食べないと言うわけではないでしょうか、どんなものを好んで食べているのでしょうか。

アンジェリーナジョリーが行っているダイエット法というか食事方法なのですが、最近では穀物を中心に食事を取っているといわれていました。

rice

その穀物とはキノア、キビ、アワ、ソバといった古くから日本では食べられている食材です。

ちょっとキノアという穀物はあまりなじみがありませんが、最近では日本でもダイエットというか健康によいみたいでよくスーパーでみかけます。

アンジェリーナジョリーがどのようにして食べるのかはわかりませんが、穀物ですから、アンジェリーナジョリーの場合はシリアルのようにたべるのかもしれません。コーンフレークやオートミールのようにミルクとまぜて調理したり、サラダにまぜたりして食べるのではないでしょうか。

確かにアンジェリーナジョリーは朝もコーンフレークを少ししか食べないようですし、色々健康によい食べものを身体に摂取していても量が少なくそれが原因してどんどん激やせていくのかもしれません。

soyMilk

さらにアンジェリーナジョリーは砂糖はとらずに、パンやパスタなどの炭水化物をとらないようですから、どんどん激やせしていくはずですよね。

これはいわゆる低炭水化物=ローカーボダイエットですね。

アンジェリーナジョリーは飲み物も基本は水にそれ以外には豆乳をのむみたいです。

ワインも少したしなむようですが、大して飲まないのでしょう。

アンジェリーナジョリー、美しくなるためにダイエットもよいですが、激やせが心配ですから、これからは逆に太ることも考えたほうがよさそうですね。

アンジェリーナジョリーがまだまだ元気で活躍するためにも激やせから脱して栄養をとって健康的な美女に戻ってくれるのを願います!

こちらの記事もどうぞ。

アンジェリーナジョリーの体重と身長がしりたい!

スポンサーリンク



こちらの記事も多く読まれています!

コメントを残す

サブコンテンツ

Facebookページ

このページの先頭へ